YouTuberゴシップ

手越祐也がジャニーズ事務所を退所した真実とは?!


「ッテイ!」でお馴染みの手越祐也さん!非常に明るくて、超ポジティブな手越さんですが、そもそもなぜジャニーズ(NEWS)という凄いところからYouTuberに転身したのでしょうか?
ご存じの方も多いと思いますが、もう一度振り返っておきたいと思います。

手越祐也のプロフィールはこちら

コロナ自粛期間に”キャバクラ手越”開催


2020年に入り、新型コロナウイルスで世界はパニックに陥りました。
世界中で感染者が拡大し、重傷者や死亡者も出て、各国でロックダウン(都市封鎖)が起こり、経済がストップしてしまいました。
日本でも非常事態宣言が出され、外出自粛を余儀なくされました。

そんな中「週刊文春」により、2020年4月に手越さんが都内飲食店に女性たちを招き、”キャバクラ手越”なる飲み会を開催していたことが発覚しました。


ジャニーズ事務所に注意されたにもかかわらず、5月に手越さんはまたも「文春オンライン」で、東京・六本木のラウンジやバーで朝まで酒盛りなどをしていたことが報じられてしまいます。
ジャニーズ事務所が手越さんに確認した所、一部事実関係に相違があると主張しましたが、酒席への参加を認めました。
これにより、2020年5月26日、ジャニーズ事務所は手越さんの活動休止を発表しました。

手越祐也が記者会見で語った真実

2020年6月19日、NEWS脱退とジャニーズ事務所との契約終了が発表されたその日に、TwitterアカウントとYouTubeチャンネルを開設した手越さん。
行動がめちゃくちゃ早いですね!

しかも、YouTubeチャンネルの記念すべき第一回目の配信が、自身の記者会見を生中継で放送するというものでした。
再生回数は、2020年12月現在で1101万回を突破しています!


記者会見では、手越さんの思いが語られました。
内容をざっくりとまとめてみました!

・元々、5~6年前から独立して勝負したいという気持ちがあった。
・文春にスクープされる前の、2020年3月からジャニーズ事務所に退所の話をしていた。
・本来、NEWS4部作の集大成である「ストーリー」を完走してから退所したいという話をしていたが、コロナの影響で「ストーリー」がスタートできずに中止となったため、退所のタイミングが不透明になった。
退所予定が不透明になったことで、ジャニーズとNEWSしかしらない自分が急に無職になるのはさすがに怖いし覚悟が必要だと思い、独立後に力を貸して欲しい方と打ち合わせをしていた。
そこには、お酒も出たし、女性もいたので普段の自分のキャラから”手越キャバクラ”と見られてしまった。
・ジャニーズ事務所は、インターネットにあまりアクセスせず、ファンクラブなどで既存のファンを大切にしてきているが、コロナで世界のあり方が変わると思っていて、自分も変化しないといけないタイミングがきてしまったと思った。
・チーフマネージャーに予定は報告していた。
・外出自粛中であったため、外出しお酒の席を設けたことは反省している。

まとめ

手越さんは、30代になり、もうワンステップ登りたい、独立して勝負したい!という気持ちが強かったようです。
本来であれば、2020年3月に一旦完走するはずだった「NEWS」の活動を最後に退所しますとの意思をジャニーズ事務所やメンバーには伝えていた矢先、コロナの影響で経済や活動がストップしてしまいます。
この影響で、退所のタイミングが不透明となったため、いつ退所になっても良いように独立の準備を始めた手越さん。
そこで今後ビジネスパートナーとなってくれる方とお会いして、打ち合わせをしていたようです。
そこには、お酒も出て女性も来ていて、「外出自粛中に女性と飲み会をして遊んでる」と勘違いされてしまったことが事の真相のようです!
そこからは、本人が話ができる状況も作らせず、テレビのコメンテーターは推測だけで好き放題、手越さんを叩いていましたよね(´・ω・)
コメンテーターって井戸端会議している噂話好きのおばちゃんのようなことを仕事にしているんだなーと改めて感じました。
そして、YouTubeチャンネルで記者会見を放送するというスタートダッシュを見せた手越さんは、本当に強い方だなと思います。
ファンや、NEWSメンバー、ジャニーズ事務所を大切にしていることも伝わってきますし、チャラ男のイメージが消える動画だと思います!
これからもポジティブにファンを楽しませて欲しいですね!