YouTuberゴシップ

ヒカルの「VALU大炎上」って何?事件の真相とは?


今改めて、ヒカルさんのVALU事件とは何だったのか。

難しい事は省いて、簡単に分かりやすくまとめます。

そもそもVALUって何?


VALUとは簡潔に言うと株の個人版です。

株は会社単位に発行されるもので、VALUはそれが個人に置き換わったものと考えればOKです。


主にその個人を金銭的に応援する為か、将来的に値上がりした所で売って差額で儲ける事を期待して買うものです。ほとんどの場合、後者の儲け目的で売買されます。

違いは色々ありますが最大の違いは、新しいシステムなので歴史がなく法整備がザルで、結構やりたい放題だった事です。

違法な株取引として最も有名なインサイダー取引すら、VALUでは違法ではありませんでした。

ヒカルVALU事件の時系列

ヒカルの1VAの価値が低いうちにヒカルは当時同じYouTuber事務所「VAZ」メンバーと共に自身のVAを買わせる。(買い仕込み)

ヒカル、ラファエル、いっくんがTwitterやVALUのタイムラインでVALUを本格的に始動することを発言
ヒカルが自身のVAを買った人だけでオフ会をする等の情報を発信(買い煽り)

買い注文が殺到。ヒカルだけでも2000万円以上の買い注文。ヒカルの1VAの価値が連日ストップ高の高騰。

1VAの価値が上がりきった所でVAZ顧問の井川氏、ヒカル、ラファエル、いっくん、カブキン達が一斉にヒカルのVAを売る

その結果、ヒカルの1VAの価値が暴落。

ヒカルやVAZメンバーカブキンは5000万ほど儲かり、買い煽りに騙されたファンは大損。
あげくVAを持ってる人のオフ会などは開催しないと発表。

ヒカル他、ラファエル、いっくんのアカウントが規約違反となる。

ヒカルは買い戻しを開始するも、ラファエルといっくんはなにもせず。

VAZの森社長曰く、損切りした人への補償は一切考えていない。

VALU運営はこの事件を規約違反であると発表。VAZと井川に損害賠償等を勧告する通知書を内容証明郵便で送付した。

ヒカルVALU大炎上の理由

散々買い煽り連日高値を更新。そんな中「明日、一気に動く!」と発信し、過去最高値になったその翌日に大量に売り抜き、大暴落を引き起こす。

本人達は大儲け。他はほぼ全員が大損。たしかに「明日、一気に動いた」けども。
この事がそもそも叩かれている理由でした。

この当時、私もリアルタイムで見ていましたが、まず思っていた事は

「え?投資の世界ではよくある事すぎるんだが。」でした。つまり大騒ぎする内容じゃないって事です。
むしろ、「ヒカル達。上手い事やりおったな・・・」と思ってました。

いや、気持ちは分かりますよ。別にヒカルさん達を肯定してる訳じゃありません。ただよくある事だよって言っているだけです。

この程度の事なら昔っから、株、先物、FX、仮想通貨、不動産、貴金属、美術品ありとあらゆる投資のジャンルで年がら年中、世界中あっちこっちで、当たり前に起こりまくっている事です。

なんなら、こんなVALU騒動とは比較にならない規模の騒動、マジもんの事件だって頻発してます。

この件でVALU始めた人って恐らく、株や投資ほとんど経験無い方だと思われます。
理不尽なように思えて、人のせいにして叩きたくなる気持ちも分かりますが、こんなんザラです。

違法じゃなければ何しようと稼いだ者勝ち。海千山千・魑魅魍魎蔓延り、プロもアマもごちゃ混ぜにカモはカモられ、皆がアナタのお金を狙っている。

それが投資の世界です。

モラルなどなく、綺麗事など何の価値もありません。
〇〇のせいだ、良いだ悪いだ好きだ嫌いだとか言ってる内はまだまだ甘くて、そんな事言っても誰も助けてもくれないし、それも含めて受け入れる。理解するしかないんです。

よく言うじゃないですか。投資は自己責任。これ本当に残酷なまでに投資の真理ですよ。

そんな事を思っていたら、
法律はよくてもVALUは規約違反と判断。ヒカルさんご一行はアカウント一時締結となりました。

もう一つの炎上。インサイダー取引って何?

会社内部の情報を利用して株取引を行い利益を得ること。損をした場合も該当します。
ついでにその内部情報を聞いた他者がやっても該当します。

全員が公平な取引を保つ為の法律で、違反すると5年以下の懲役または500万円以下の罰金またはその両方が科せられます。法人の場合、5億円以下の罰金。
ついでに、違法取引で得た財産は全額ボッシュート。

アウトな例1
「会議でうちの株価上がるような内容が決定したわ。よし発表前に買っとこ」
アウトな例2
「近日中にやばいスキャンダル公表されるから多分、うちの株めっちゃ下がるわ」
それを聞いた知人「マジかよ。じゃあ今のうちに売っとくわ」

暴落前の高値で売り抜けた、VAZ顧問の井川氏などがインサイダー取引に当たるのでは?と炎上しました。

しかし、結論から言うと当たりません。

廣江綜合法律事務所・廣江信行弁護士によると、

『VALUが特定有価証券等に該当しないので、インサイダー取引規制の対象にはなりません。
風説の流布等のその他の不公正取引の規制対象になるかどうかは、VALUが金融商品取引法上のいわゆる「集団投資スキーム」に該当するかどうか等が問題になると指摘します。

ただ、優待の内容や説明次第では該当する可能性がないわけではないものの、今回の件では優待の内容が明確でなかったこともあり、「該当しない可能性が高いと思います』

また詐欺罪にあたるかどうかについては、

『該当する可能性はありますが、そもそもVALUの内容が特殊で、さらに取引にVALU社が介在し、決済にビットコインを使用するため、要件をしっかり立証するのは大変そうという印象です』

そんなVALUはサービス終了となりました。

2017年5月31日にβ版としてリリースされた、VALU。

2020年3月末をもってサービス終了となりました。

「暗号資産カストディ業務に対する規制」という法規制に対応ができずサービス終了という判断になった模様です。
また終盤のVALU取引量の少なさ、盛り上がっていなかった事も一因でした。

やはりヒカルさんの騒動の影響は大きかったと思います。
あれ以降、VALUはすっかり冷や水を浴びせられ、有名なインフルエンサーも続々と撤退。取引量も急速に減少。

冒頭にも書きましたがVALUは売買の利益目的という側面の他、純粋にVALU対象者を応援するという側面を持ち、単なる投資物とは違う新しいシステムでした。

まとめ

モラル的には良くないかもしれません。
個人故に叩き炎上しやすかったかもしれません。

ただ、VALU自体は特に悪いサービスでも何でもなく、新しい時代を予感させるサービスでした。