YouTuberゴシップ

ヒカキンの猫の名前はまるおともふこ?なぜか批判!?種類や値段は


今回は、あの大人気YouTuberヒカキンさんの可愛い猫ちゃん達についてご紹介します!
名前や由来について、そして気になる種類や値段などなど・・・。

なぜか批判があったようなのでそこらへんも調べていきます!

名前は【まるお】と【もふこ】


【まるお】

まず、最初にヒカキンの家にやってきたのは、目が垂れてて瞳がグレーっぽい、顔が可愛いまるお。


名前の由来は見たまま「シンプルに顔が丸くて男の子だから」というのと、元々「猫を飼ったら3文字以内の名前にしたかった」ということからのようです。

当初は自分の名前に合わせて「〇〇キン」という名前も考えたそうなのですが、長い目で考えると「自分の名前を呼んでいるような気がして・・・」という考えもあり却下になったそうです。

【もふこ】

まるおがやってきた約2ヶ月後の9月、今度はふわっとした毛並みがチャームポイントの「もふこ」が新たにヒカキンファミリーの仲間入りを果たすこととなりました。

もふこの名前の由来は「頭から尻尾の先まで毛がもふもふしている」ということから。まるおよりも少しふてぶてしい表情が印象的な、可愛いらしい女の子ですね。

元々ヒカキンさんは猫を2匹飼う予定だったのだそうだが、過去に実家で猫を飼っていたものの一人暮らしで猫を迎えるのが初めてであったことから「一人できちんと面倒を見ることができるのか」という心配があったため、最初から多頭飼いをすることは避けたようです。

しかし、多頭飼いをするなら子猫のうちからのほうが良いということもあり、まるおを飼い始めてから約2ヶ月というかなり早い段階でお迎えをすることとなりました。

なぜ批判の声が上がったのか?

まるおともふこは、同じ親猫から同じ日に生まれた兄妹だったので
ネットからは「兄妹猫って選択肢が素晴らしい!」「まるおも可愛がってるし、多頭でも責任持って飼ってくれそう」「多頭って猫にとってはメリットしかないから今回の選択は応援したい」といった声が集まっていました。

その一方、「まるお」を飼い始めた際、ペットショップで猫を買ったことや、品種的に繁殖が問題視されていた猫だったために炎上。「発信力があるからこそ保護猫を飼ってほしかった」「ペットショップじゃなく保護猫団体から引き取ってくれれば不幸な猫を減らせたのに」「この品種は繁殖禁止にすべきって運動もあるのになんで選んじゃったの?」といった声が集まる事態になっていました。

しかし、もふこを迎え入れた際に兄妹猫であることや、初対面をケージ越しに行わせたことなど、知識ある行動の数々が猫好きのネットユーザーからも評価された模様。まるおの際の炎上を乗り越えて猫のために多頭飼いを選んだことを称賛する声も集まっているようです。

気になる種類や値段は?

【種類】
スコティッシュフォールドという、おじさんのような変わった座り方をすることから「スコ座り」という単語が過去に流行ったことがあるので、ご存知の方も多いことだろう。

比較的身体が小さく耳がぺたんと折れている見た目が特徴で「犬のような猫」と評される程の人懐っこさが人気を博し、日本でもスコティッシュフォールドを飼っている家庭は多く、現在は大変メジャーな種類の猫です。

しかし、可愛く見える折れた耳の真実は、正式には『遺伝性骨軟骨異形成』と呼ばれ、容赦なく四肢にも症状が現れる。早ければ生後数ヵ月で発症することもあり、痛みによってジャンプができない、痛くて歩きたがらない、触ると嫌がる、などの症状が起ってしまうよう。折れ耳の猫には、ほぼ100%の確率で、何かしらの症状が出ると言われている
海外では繁殖禁止の国もあるが日本では禁止ではないので、一生苦しむ繁殖が続いている現状も考えなくてはいけないかもしれないですね。
✳︎飼い始めた後にこのことを知る人がとても多いようです。

【値段】
どんな犬・猫にも言えることだが、スコティッシュフォールドの値段も安い種から高い種までかなり値段の幅が広いと言われています。

平均的な値段は10~20万円程度で、血統・見た目が良い種類になると40万円近くまで値段が跳ね上がるという場合も。
※ヒカキンさんはブリーダーさんからまるお・もふこをお迎えしています

まとめ

【名前】兄:まるお 妹:もふこ
【批判】ペットショップで猫を買ったことや、品種的に繁殖が問題視されていた猫だったため
【種類】スコティッシュフォールド
【値段】10~20万円程度、血統・見た目が良い種類になると40万円近く

去勢手術も行い、繁殖はさせないようですし、とても可愛がられているので二人も幸せだと思います。新しい家族との生活、温かく応援していきたいですね!